読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『LA LA LAND』を観た

あくまで一個人の感想です。拙いながら数時間前に観た映像と音楽を思い出しつつ。

f:id:timmy26_pmq31:20170227185320j:image

 きっかけは単純にミュージカルが好きであること。たまたま見た予告にすごく惹かれてしまったこと。

テレビでも話題になっていたので1回観てみよう!と思い立ったので。

 

 

鑑賞後

とりあえずタイトルの意味について調べてみた。 

〔麻薬や酒に酔ったときに味わう〕陶酔境、恍惚、我を忘れた境地

ハリウッド、ロサンゼルス

ロサンゼルス全体を指すこともあるが、特にハリウッドについて使われる場合が多い。

 なるほど。そのまんまじゃん。

地名を表していることはそもそもとして、酔った時に味わう陶酔境、恍惚というのも当てはまる気がする。

 

 やっぱりミュージカルはいい。

冒頭の渋滞の高速道路のシーンは、大人数が歌い踊り、これぞまさにミュージカル!感がとっても心地良く体を揺らしたくなった。

これからオマージュ作品探しをしようなんて思ってる。

 “ミュージカル”と聞くと声を張り上げ朗々と歌うイメージがあるが、この作品はそれだけではない。

もちろんアップテンポな曲は楽しく、笑顔で、観ているこちらも楽しくなってきて思わず拍手をしたくなった。

語りべになり、おばとセーヌ川の話をする(Auditionを歌う)エマ・ストーンの繊細な囁くような且つ芯のある歌声に思わず震えた。

 

サントラ欲しいな

 

トーリーについて。

これこそまさに“タラレバ”な話ではないかと感じた。

あの時ああだったら、こうしていれば…

ところどころ共感するところがあり

ひしひしと身に染みた。

 ラスト10分がこの映画の全てなような気がした。涙が止まらなかった。

 

 

それと、

 

この映画を観ていて『ばしゃ馬さんとビッグマウス』という映画を思い出した。

 

何故か。


まず“夢を追いかける”ではなく“夢を諦めきれない”男女2人のストーリーというところが同じであるからだ。
もちろん巡り合ったミアとセブ2人の結末は馬渕さんと天童くんとは違う。
ミアは「私、こんなに頑張っているのに!」が口癖のばしゃ馬さんではないし、セバスチャンも「俺、本気出したらスゴイで〜」なんてビッグマウスではない。
でもどこか根本は同じなのかもしれない。

 

『 ばしゃ馬さんとビッグマウス』がハリウッド映画で、ミュージカル作品で、彼らの生きる世界がもう少し優しかったらこんなかんじだったのかな、なんて思ってしまった。

逆も然り。

ハッピーエンドかそうでないのか、どちらの世界が優しいのかは、この映画は“夢を叶えられたのか”“ミアとセブが結ばれたのか”2つの視点で見ることができるので人によっては正反対に感じると思う。

 

人間、誰にもある昔の思い出、諦めたこと、叶えられなかったこと、どこか心の弱いところにチクチクと刺さるような、でもなんだか優しい気持ちになれる作品だと思った。

鑑賞後の形容しがたいふわっとした感覚に包まれながら、人生って…と思わず考えてしまった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的に気になったこと

 

  • 極上のエンターテイメントミュージカルという宣伝文句が逆効果でもしかしたら少し拍子抜けしてしまった人もいるかもしれないと感じる部分があった
  • トーリー上、仕方がない部分もあるかとは思うがテンポが今ひとつよくなくて期待しすぎたのかなと思ってしまった
  • 映像は終始綺麗でハリウッドの街角がよく映えていた(ハリウッドの街の壁って写真を撮ってインスタにあげたくなるよね。)
  •  高速道路でのミュージカルシーンでところどころピントが合っていなかったのは演出なのか?
  • A Lovely NightとCity of Starsはこの映画を観てなくてもオススメしたい楽曲

 

長々と失礼致しました。

ありがとうございました◡̈